レンズは沈胴式で撮影時に引っ張り出します。そうするとロックが解除されて撮影スタンバイになります。シャッター速度、絞りを自分で合わせてピントも目測です。せっかくゴッセンの露出計が内蔵されてるのですが電池の規格が特殊なので入手困難です。アダプターを使ってリチウムのボタン型電池を使うこともできるようですが、面倒なのであたしは勘で撮っちまいます。ネガだし。ちょっとオーバー目の露出で撮っておけば後からいくらでもリカバリーできますから。いいんですよ。ザックリで。ってそういうこと言っちゃいけなかった?