いやぁ、それにしても。このカメラを持っていろんな所に行ったなぁ。
データバックを付けてほぼ毎日、毎週、遊びの記録を撮り続けた。
キャンプにカヌー、ドライブ、チャリンコ、飲み会、ジャズ祭...。
フィルム代はネガカラー1本100円が基準だったし、
現像料500円のみでプリント代0円!とか。そういう時代だった。

普通のコンパクト機の4倍余の金額で購入したものだが、
こうして使い倒し、思い出を残し、ニコンクールピックス5000購入までの長きにわたり、
あたしのお手軽カメラ部門の主役であり続け、今尚、こうして引っ張り出されて
可愛がられているこのカメラは幸せ者であると言えよう。
良い買い物であったとつくづく思う。

この間12年ぶりに会った友達にこのカメラを見せたら
「あぁ、懐かしい。それでイロイロ撮ってもらったけど、
半分位しか手元に来なかったわよネ。」と言われてしまった。
当時も今も、変わらずズボラなあたしです。