フォト
無料ブログはココログ

2011年2月12日 (土)

立体イラストレーター 伊波よう子、伊勢丹新宿店5階アートギャラリー「人形たちの宴」。

「立体イラストレーター」か。なるほど!
実際、伊波よう子さんの人形はイラストのような軽妙さが魅力なんですよね。

D7821f3ef1cb32b77341c09c5acf56c2


製作中の例の「チビ兎」の画像をゲット!
許可を頂いたので掲載します!

透明な体の中にハートが収まっているのです。

人形アーティスト 伊波よう子、伊勢丹新宿店5階アートギャラリー「人形たちの宴」2月15日まで開催中。

Index

人形作家 伊波よう子さんが出品する展覧会「人形たちの宴」が伊勢丹新宿店5階アートギャラリーで開催中です。あたしは昨日11日金曜日に行って来ました。どれもファンタジーと癒しとそしてオトボケと、いつまで眺めていても飽きない人形たちでした。一番気に入った作品は「蛸唐草文様のチビ兎」(勝手に命名)です。値段も3万円ちょっと。かわいかったなぁ。買っちゃえば良かったなぁ...。もう一度行って買うか...。ヘンテコ機材買うよりこっちのほうがよっぽど楽しめるような...。

2009年9月24日 (木)

9月18日 ギャラリー・メスタージャ 田口亜由美展「絵を描いて旅をする」

水道橋のギャラリー「メスタージャ」へ。

田口亜由美展「絵を描いて旅をする」

2009年9月14日(月)-9月26日(土)    

13:00-19:00 日曜休廊 祝日開廊 最終日-17:00

18日は「トルコの夕べ」でした。

一体何が行われるのか?
「トルコ」と聞いただけでドキドキしてしまいます。
いや、トルコ料理を囲んで作品に付いてアレコレお話しましょう、
という企画だったんですけど。
R7142053_s





作者近影です。
手にしているのはトルコのお酒。
ブドウとアニスの蒸留酒です。
独特の香りと甘みがクセになりそうです。苦手、という人もいるかも。
これを水割りにして飲んだのですが口当たりと香りとでスイスイいっちゃうとガクっと来そうです。
本人も結構いっちゃってます。

2008年3月10日 (月)

たくさんのご来場ありがとうございます。

皆様、お忙しい中あたくしの写真展に足をお運び頂き誠にありがとうございます。名残惜しいですが明日、明後日でお開きです。もっともっとたくさんの人に見てもらいたいと思います。まだお越しでない方も、一度来た人は友人を誘って、今一度マターリしに来て下さい。
今日は日曜日で休館日でした。休館日なのに来ちゃった人のために会場入り口に「せっかく来てくれたのにお会いできないのは余りに残念。すぐ近所で待機しているから携帯に電話下さい。」という貼り紙をしておいた。「日曜休館」のDMへの記載もかなり大きい字にしたので周知されているようで幸いにも電話は掛かってこなかった。待機のために京橋ギャルリー・コパンダールで開かれている福井良宏画伯の個展にお邪魔した。よっちゃんはあたしのカミサンの美術学校時代の友人です。やさしく、穏やかな人柄が滲み出すような素敵な絵です。写真に限らず絵画、彫刻、インスタレーション、色々なクリエイターと話をするととても刺激になります。新たなアイデアや題材が湧き出すときでもあります。街に出るって大事だな、とつくづく感じました。

2007年6月23日 (土)

雨のお台場グレゴリー・コルベール展

パキラさんバビさんご夫妻に誘われてグレゴリー・コルベール展に行ってきた。「すっげぇ~!」という一言。かぁっこいい~のです。ついつい、どうやって撮ったのかな?になっちゃって、すごくお行儀がいい動物たち、になって、プリントの色合いが、とかになってしまって。やぁねぇ。純粋に楽しんでない自分。でもね、一つ思ったのは先ずムービーありき。で、ムービーの中の一コマを抜き出してプリントしているんだな。多分。「別にいいじゃん。キレイなんだから。」その通りだけれど、とするとそれじゃやっぱこの並んでいる写真たちには「とりゃ!」というようなシャッターを切る時の気合は無かったのだな、と。ちょっとそこの所がね。ずっと知らずにいたかったナ。そうしたら感激と興奮がず~っと(多分一生)続いたのに。暗い中にギュウォォォオオオォ~ンというアンビエントな音楽が流れていてゆぅっくりした流れのセピア調の映像が映し出されていて、渋滞の運転疲れと相まってグォ~ンと眠ぅくなって立ったまま寝てしまったヨ。気持ち良かったよ。0p6222037_2 webサイト見直したらまたギュゥオォ~ンが鳴っていてまたオチそうになった。
腹が減ってガルガル状態で向かいのビーナスフォートへ。自分の中には「お台場に旨いものナシ!」という定説を持っているので期待はしていなかったし、もうこの際、このガルガルの空腹を満たしさえすれば良い。腹も立てるまじ。と覚悟はしていたが、そこはやっぱりお台場。フードコートに行ったら椅子がすごく汚い。白いキャンバス地の椅子の膝の下側に当たる部分がドス黒く汚れている。どれも。この汚れ方は片膝を立てて食うからだ、と容易に推理できる。要するにそういう奴等が集まって来る所なのだよ。お台場は。そしてその汚れた椅子をそのままほったらかして洗おうとも取り替えようともしない経営側もその程度なのですよ。で、肝心のメシの味は?オシテ知ベシでしょう?

2006年10月 5日 (木)

ダリ回顧展

凛太郎の運動会の代休を利用して上野の森美術館で開催中の「ダリ回顧展」に行ってきた。月曜日で周りの美術館や博物館はみんな休みだし朝から雨がバラバラ降っているし、こりゃガラ空きだべ、とタカをくくっていたのであるが甘かった。そこいらじゅうの学校で運動会をやっており、そこいらじゅうで代休なのでチビッコがたくさん来ていたのだ。それでも並ばずに入れたのはラッキーだったのかもしれない。Baka_dali それにしても鳥肌が立ったのは「私はダリでしょう?」というヘッドコピーだった。これを考え出した人、採用した人はものスゴイ勇気の持ち主だ、と思った。ある意味、幸せモノだ。全てのポスター、看板にこの恐ろしい一言を記載できる強大な権力に身震いがした。

2006年1月12日 (木)

ここから始まる。

なんだかオイラもブログデビュー。いつまで続くやら。ニコンのcoolpix5000を買った時に「散歩帳」を自分のWebサイトに載せていたんだけどやっぱり3年でパッタリになっちゃって。今度はアップロードも簡単だし、ちょっとは長続きするかな、と。見に来た人ともお便りやり取りできるんでしょ?がんばろ。
今日の写真はカラーで3枚。060111shiba01_s 060111shiba02_s060111shiba03_s

SIGMA DP2 MerrillとDP3 Merrillのモノクロ散歩

  • 2013.10.19 横浜山手ハロウィン散歩 モノクロ編
    シグマの最新機種たちはセンサーを改良し、高解像度の写真が撮れるようになりました。特にDP1 MerrillとDP2 Merrill、DP3 Merrillはコンパクトカメラの姿をしていながらフィルムカメラでいう中判カメラの描写性能を備えています。  私が特に注目する点はセンサーが持っているの全ての能力をモノクロデータに活かす事ができる仕組みを持っている事です。(難しいことはメーカーのwebサイトを参照して下さい。) この”小さな中判カメラ”を手にして本気でモノクロ写真と向き合って作品を作っていこうと思いました。 ※ココログというブログは並べ順などの変更がやりづらいので撮影日時やテーマ、ストーリーに沿った見せ方ができません。気に入った写真をドカドカと積み重ねていきますので山を穿り返すカンジで見ていって下さい。キチンと整理した写真はあたしのwebサイトの「Garelly」にキャプション付きで並べますのでそちらをご覧下さい。

フォトアルバム[散歩帳]

  • _dsc9063
    小林みのるのPhotoLife カメラを肩に下げて出掛けよう。 (新しいものが上) ココログのサーバー容量がそろそろいっぱいです。 新しい写真はFacebookに移動しました。 この中の写真を見終えたら、 下記のURLへアクセスして新作をご覧下さい。 Walk,Talk,Take,Pix-Do!はいろいろな写真 http://p.tl/13XA Cityscapeは主に街の写真 http://p.tl/PnlD Natureは自然の写真 http://p.tl/iLce

今日のニャンコ。

  • Img_1958
    instagramで撮った我家のz-1(男子)とネギマ(女子)の写真と近所のニャンコたちをまとめてみました。基本的にこっちもニャンコもマタ〜リしている時に撮っている写真ですので決定的瞬間!的な写真は無いです。
2016年3月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31