フォト
無料ブログはココログ

« ツァイスレンズで撮ると、どうして上手に写るんだろう?その1 | トップページ | EOS5D+ツァイス・ディスタゴン35mmF2.8 »

2006年2月10日 (金)

EOS5D+シグマ12-24mmでパノラマ作る

なんで周辺光量の低下を気にしておるのかというと、いつもEOS5D+シグマ12-24mmの組み合わせでパノラマを撮っているからなのです。フルサイズで12mmはあたしが知っている、というか、買える交換レンズの中で最も広い画角を持ちます。魚眼を除き。魚眼を使わずあくまでも四角い画像からのステッチにこだわっています。精度が格段に高いからです。あ、なんで周辺光量の低下を気にするかのハナシですが、パノラマを作るには一周6枚か5枚に分割して撮って重なり合ったところを曖昧にして繋げていきます。060209harumi106 周辺の落ちが重なり合って空や平面部分に筋ができてしまうのです。繋げる前の素材の段階で周辺光量を補正して滑らかなグラデーションになるようにしなければなりません。060209harumi_s01 この間仙台に行った時にキー坊に教わったグラデツールで調整レイヤーを使う方法で補正をしたのがこちら060209harumi_s02。これは保存修正の度にjpg圧縮がかかってしまったからボロボロに荒れていますけれど本チャンはbmpでやるのでもうちょっとマシになります。これをDXOツールにやらせれば更に高精度で手早く修正ができるのかな、と期待しているのです。

« ツァイスレンズで撮ると、どうして上手に写るんだろう?その1 | トップページ | EOS5D+ツァイス・ディスタゴン35mmF2.8 »

携帯・デジカメ」カテゴリの記事

コメント

微調整は必要かもしれませんが、かなりの所まで追い込めると思います。

例のムービー
ちょいと落としたやつを送りますね(笑

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: EOS5D+シグマ12-24mmでパノラマ作る:

« ツァイスレンズで撮ると、どうして上手に写るんだろう?その1 | トップページ | EOS5D+ツァイス・ディスタゴン35mmF2.8 »

SIGMA DP2 MerrillとDP3 Merrillのモノクロ散歩

  • 2013.10.19 横浜山手ハロウィン散歩 モノクロ編
    シグマの最新機種たちはセンサーを改良し、高解像度の写真が撮れるようになりました。特にDP1 MerrillとDP2 Merrill、DP3 Merrillはコンパクトカメラの姿をしていながらフィルムカメラでいう中判カメラの描写性能を備えています。  私が特に注目する点はセンサーが持っているの全ての能力をモノクロデータに活かす事ができる仕組みを持っている事です。(難しいことはメーカーのwebサイトを参照して下さい。) この”小さな中判カメラ”を手にして本気でモノクロ写真と向き合って作品を作っていこうと思いました。 ※ココログというブログは並べ順などの変更がやりづらいので撮影日時やテーマ、ストーリーに沿った見せ方ができません。気に入った写真をドカドカと積み重ねていきますので山を穿り返すカンジで見ていって下さい。キチンと整理した写真はあたしのwebサイトの「Garelly」にキャプション付きで並べますのでそちらをご覧下さい。

フォトアルバム[散歩帳]

  • _dsc9063
    小林みのるのPhotoLife カメラを肩に下げて出掛けよう。 (新しいものが上) ココログのサーバー容量がそろそろいっぱいです。 新しい写真はFacebookに移動しました。 この中の写真を見終えたら、 下記のURLへアクセスして新作をご覧下さい。 Walk,Talk,Take,Pix-Do!はいろいろな写真 http://p.tl/13XA Cityscapeは主に街の写真 http://p.tl/PnlD Natureは自然の写真 http://p.tl/iLce

今日のニャンコ。

  • Img_1958
    instagramで撮った我家のz-1(男子)とネギマ(女子)の写真と近所のニャンコたちをまとめてみました。基本的にこっちもニャンコもマタ〜リしている時に撮っている写真ですので決定的瞬間!的な写真は無いです。
2016年3月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31